VaNiiMenu (バニーメニュー)

VR空間内ならソフトに関わらず、いつでも腕を振り下ろすだけで呼び出せるVRMMO風メニューツールです。
時計、ソフト起動、音楽プレーヤーリモコン、デスクトップ表示、画像ビューア、テキストビューア等の機能があります。


撮影場所: Kouyou's small studio by ルミナスタジオ
アバター: ブレイダーちゃん - シンヤの模造武具

スクリーンショット

使い方

使い方: VaNiiMenu.exeをダブルクリックして起動してください。
 初回起動時には、起動後10秒で簡単なチュートリアルが起動します。
 操作は、表示に対して物理的にコントローラを押し当てる(タップする)ことで行います。
 メニューを呼び出すには、勢いよく腕を振り下ろす(スウィングする)ことでできます。
 (周囲の障害物に十分注意してください)

ダウンロード

VaNiiMenu Download(ライセンスと注意事項)

開発者向け情報
更新情報
説明書

本ソフトウェアはBSD3ライセンスです。
最新の更新、テスター募集はDiscordサーバーで配信しています。
バグ報告などもDiscordサーバーまで

v0.06からの注意点

・メモリが少なくなっている際、DesktopViewerを使用するとSteam VRが不安定な挙動を示すことがあります。
 少し待つと復旧しますが、この状態の際には他のソフトも不安定になっていますので、
 ソフトの終了とメモリの開放をおすすめします。
・大量のファイルがあるフォルダを、ImageViewerに指定するとフリーズすることがあります
・大量のテキストファイルがあるフォルダを、TextViewerに指定するとフリーズすることがあります
・HTC Viveを拡張モードで動作させている際に、DesktopViewerでHMD側のモニタに切り替え、
 そこにマウスカーソルを持っていくとフリーズすることがあります。
 基本的にダイレクトモードで使用し、拡張モードで使用する際はモニタを切り替えないでください。
・ファンクションキーの操作は、録画ソフト等のホットキー用です。
 通常のソフトのキー入力に対しては動作しないことがあります。
 またキー操作の結果起きうる事象には十分注意して使用してください。
・OSC受信機能は既定で無効になりました。有効にするにはCommunication.jsonを編集してください。
・壁紙機能が付きました。有効にするには同じフォルダに画像を入れた上で、Background.jsonを編集してください。
 (trueにしてファイル名を指定)
・感度調整機能(AccelerationPeak)が付きましたが、基本的にオーバーな設定になりやすいので、
 Reset後、かなり注意深く縦振りして設定してください。

動画に映したい方・スクショ取りたい方へ

このツールの映像や動画を取るのは構わないどころかぜひやっていただきたいのですが、
このツールは、オーバーレイという仕組み上普通に撮影しようとしても映像になりません。
スクリーンショットにも映りません。

ではこのページのスクショや動画はどう撮影しているかというと、
Steam VR(「利用可能」と表示している小窓)の左上のメニューから
「ディスプレイミラー」を選択して出てきた画面には映るのでそこから撮影しています。
ここでも左上のメニューから表示方法が選べますが、おすすめはCenter Viewです。

注: DesktopViewerや、DeviceInformationの画面では個人を識別できる情報が映り込む場合があるので  撮影の際は十分注意を払ってください。

対応VR機器について

本ソフトウェアは、Steam VR(Open VR)のオーバーレイ機能を利用しています。
Oculus Riftは同様の機能を提供していません。

そのため
・HTC Viveは、極めて特殊な例を除きすべてのソフトウェアで動作することが期待できます。
・Oculus Riftは、OpenVR SDKを使用したゲームでのみ動作する可能性があります。
 一部のゲームにおいて動作報告があります。
 Oculus SDKを使ったゲーム上では動作しません。また電池残量表示など一部の機能は動きません。
 (両対応のゲームの場合、Windowsの互換性モードをWindows7にすると動作するようです)
・Windows MRは、OpenVR SDKを使用したゲームでのみする可能性があります。
 Windows Mixed Reality for SteamVRをご利用ください。
 (動作報告があります)
 Windows MRネイティブコンテンツでは動作しません。

Oculusユーザーの方へ

このソフトはOpenVR SDKで動作するソフトでのみ動きます。
Steamから起動したソフトであれば動く可能性が高いです。

また、Oculusの機器の詳細情報(バッテリー残量等)には対応していません。

Oculusユーザーの方の報告によりますと、Oculus Touchを使う場合は、
左手を時計回りに90°、右手を反時計回りに90°回転させた状態で操作すると反応するようです。
(おそらく手の甲を上向きにしてパンチするような感じ)

また、床の位置設定によりメニューの位置が操作しにくい場所に出る場合がありますが、
若干、頭を見上げるような感じに上に向けながら腕を振り下ろすと上の方にメニューが出ます。

後ほど、調整機能を追加する予定です

もっと便利な機能がほしいですか?

他の方々が作成されたオーバーレイツールも使ってみてください。
オーバーレイツールは多くの場合同時に使用できます。
VRツール一覧まとめwiki(VR Tool Wiki)

メニュー

トップページに戻る